MENU

計画的なキャッシングサービスの利用

 

キャッシングサービスを利用しようと思っているけど、いろいろ心配なことがあって、という方は多いようです。

 

はじめてのキャッシングで少し緊張している、不安に感じているという方に一番適している会社はプロミスだと思います。安心度が他社より頭一つ抜きんでている会社だと思います。

 

お金を借りることは責任を伴いますが、何も後ろめたいことではありません。返す気があるのなら絶対に大丈夫。利子を計算して、あらかじめ返済のシュミレーションをしておけば、思いがけない支払が生じるということはありません。

 

本当に少しの間だけ借りたい。来週さえ乗り切れば良いという方は、30日間無利子サービス(※アドレスの登録とWEB明細利用が必要です)が受けられるからプロミスがおすすめ。利子が発生する場合でも17,8%と、他の消費者金融会社より0,2%程低く設定されています。

 

このようなサービスは他のキャッシングサービスでも行っていますが、0.2%とは言え金利が低いこと、また丁寧な対応に定評がある点が初めての方におすすめの理由。

 

プロミスは初心者向けのキャッシングサービス会社と言えます。キャッシングってどんなものなのかなと思ったら、プロミスで試してみるのが最も無難でしょう。

 

こんな風に使ってもいいですか?

 

借金するからには、相当仕方ない理由が必要だと思うのではないでしょうか。

 

キャッシングサービスを利用したことがなければ、キャッシングしたお金の使い道にまで神経質になってしまったり、趣味だったり旅行だったりお買いものに使うお金だったりすることに負い目を感じる人もいるかもしれません。

 

実際、借り入れたお金を何に使うのかについては審査される対象になります。ギャンブルや借金の返済に充てるのはいけません。生活費というのも一般的にはあまり印象の良い理由ではないようです。

 

審査を受けるときには、致し方ない事情で、ある程度まとまったお金が突発的に必要になったというアピールが出来るのがベスト。普通の感覚で、それなら仕方ないね、と思われる理由が必要なのです。だから、例え「旅費」というごくレジャー的な借入理由であっても、審査には十分通るでしょう。

 

事細かに全てを説明する必要はないと思いますが、当然のことながら嘘をつくのはいけません。

 

本当は借金の返済に充てようと思っている。返済期限が迫っていて、とりあえず別のところで借りて返済に回す。それを言えば貸してくれないから、例えば引っ越しの費用と偽って借りる。

 

可能なことかもしれませんが、キャッシングサービス会社が気にするのはあなたが嘘つきかどうかではなく、しっかりお金を返す能力がある人なのかどうかです。借入したお金の使い道は、実質を言えば自由と言って良いと思いますが、偽らなければならない事柄があるのなら、キャッシングサービスは利用しない方が無難でしょう。

 

あなたにとってやむを得ない事情ならO.K

 

利用目的を聞かれるのが嫌、別に悪いことに使う訳じゃないけど、お金を借りるというだけであまり立派とは言えないのに、借りる理由まで薄っぺらかったらなんて思われるんだろう…。

 

友達と旅行に行くことになったんだけどお金がなくて、なんて言ったら、行かなければ良いでしょなんて思われないだろうか。そんな甘い理由でお金なんて貸してくれないんじゃないだろうか。

 

それでもお金が必要なことに間違いはないから、むしろしっかり話を聞いて欲しいんだけど、と思う方の気持ちも分かりますが、現在、多くのキャッシングサービス会社は来店不要、WEB上での審査も可能となっていて、あまり詳しい事情を知ってもらう機会は少ないでしょう。

 

プロミスは対応が丁寧という評判が多いですから、店頭に行けばもしかしたら親身になってあなたの話しを聞いてくれる人もいるかもしれません。しかし、彼らのお仕事としては、あなたが借金する羽目になった経緯までは知る必要はない。

 

もちろん、額にもよると思いますが、業者の人が気になるのはあくまであなたに返す能力と意思があるかどうかです。あなたが不自然な理由で不自然な額のお金(例えば旅費で200万円の希望はおかしいですよね?)を借りようとすれば、ただ審査が通らないか、詳しく話を聞くということになるかもしれません。

 

しかしあなたが必要なお金を必要なだけ申し込むならば不自然なことはなく、例え旅費という利用目的でも問題なく借りられると思いますし、あなたの人格を疑われることもないと思いますよ。

 

更新履歴